読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼリープリンヨーグルト戦争

雑記

突然ですがお手頃スイーツというと何を思い浮かべますか?

 

おそらくゼリープリンヨーグルトらへんでしょう。

よくネットでもプリンとヨーグルトどっちが好きかの言い争いを見ます。

ただ、この両者間の争いにゼリーが参入してくることはなかなかありません。

 

そこでいろいろ調べてみるとこんなブログがありました。

 

blog.mutsuochan.com

 

プリンとヨーグルトはどういった関係であるのか。

 

僕は疑問を感じました。

 

比べるならプリンとヨーグルトではなくプリンとゼリーじゃね?

 

だってヨーグルトってデザートよりも食卓の一品と言ったほうが正しいじゃないですか。朝食ヨーグルトってのもあるくらいだし、食事の最後に食べるとしてもそれはデザートとして食べる感覚とはまた違う気がします。

 

ゼリー・プリンはというと毎日食べましょうよりもおやつに近いと言いましょうか。

食事からは一歩離れたところに位置するもので、そのように考えるとプリン vs ゼリーが正しい対決になると思います。

 

 一応アンケート取ってみましたが回答数なんとも言えず…。

ただやっぱりデザートといやぁヨーグルトよりもゼリーじゃないかぁぁぁぁぁ

 

 

 

 ただ僕の考えが合ってるかなんてわからないもの。

ということで森永乳業様に聞いてみました。

 【タイトル:ゼリーとプリンの関係について】
ヨーグルト・プリン・ゼリーは子供の頃から好きで、スーパーに行くとおねだりをして買って貰っていました。そのため、この3つは好敵手のような仲間のようなどっちつかずの関係ではないかと思いました。

ただ、よく耳にすることとしてヨーグルトとプリンでどっちが好きかといったことがあります。個人的には成長した今、ヨーグルトは食事の一品としてのもの、プリンはデザートといった形で食べることが多いためか、役割の違うこの2つで比較するのは前提からおかしいのではないかと思います。

ではゼリーとプリンはどちらもデザートをメインとして作られているものではないかと考え、森永乳業様はこのゼリーとプリンの関係性についてどのようにお思いか教えていただきたくお問い合わせしました。

ご回答いただけると幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

 

お客様相談室に送ったメール原文がこちらになります。

我ながら訳のわからないことを一大企業様に強気で聞くもんだと関心します。

 

で返信がこちら。

 

森永乳業お客さま相談室でございます。
日頃より、私どもの商品をご愛顧いただき、厚く御礼申し上げます。

結論から申しますと、お客さまの嗜好に合わせて、自由にお召し上がりいただければ良いのではないかと考えております。

当社は牛乳を扱う企業として、ヨーグルトやプリン・ゼリーなどを高品質に大量生産できるノウハウをもっておりましたので、日本人の食生活の中で、お客さまのニーズに合った商品の開発をおこなってまいりました。

日本では、古くから味噌や醤油のような発酵食品の食文化がありましたが、海外との交流を続ける中で、いろいろな食材が輸入され、それが日本の食文化に合うように改良されながら、現在に至っていると思われます。
これは別に日本に限ったことではなく、世界中の国が多かれ少なかれ、このような食文化の歴史を持っていると考えます。ヨーグルトやプリン・ゼリーにつきましても、この例にもれず、海外から入ってきた食品として、日本人の嗜好に合うように改良され、食文化に定着してきたものと考えます。海外ではヨーグルトを主食にする国もあるようですし、食品は、その国独自の食文化の歴史上、たまたまそういう扱いになっているということではないかと考えます。

これからも森永乳業の商品につきまして、お気づきのことがございましたら、お聞かせいただければ幸いでございます。

 

目からウロコでした。僕の考えを一蹴する返事がきました。

それは食文化の違いでしょうとね。

 

たしかに日本ではヨーグルトはデザートに近い感覚であるためにこの3大戦争が行われれているのであって、ヨーグルトを主食にしている国にとってはそもそも眼中にないとうことになります。

 

 なんとインターナショナル、グローバル。

 

本来争うべきものではなかったんだってよぉぉぉ。

皆仲良し好きにすればいいじゃない。おいしんだもの。

 

 

ちなみに僕はプリン派です。

f:id:Podemo:20160129173422j:plain

 こいつはヨーグルトですがマジで美味いのでおすすめします。