湯葉の服を着たがる男性のお手伝いをしてきました。

先日のブログでも書いたオモコロにて、石油王が緊急来日してとある青年の願い事を叶えてあげるという素晴らしい企画が開かれました。

んでこの記事の制作にあたって誰でも参加可能な応援を募集ということので参加させていただきました。

 

 

日にちを目にしてもらうとわかるのですが決行日の前日に募集かけてんですね、コレ。

ただ、やるべきことがあったのですがやっぱおもしろそうなこと優先でしょってことで即決断。

しかし湯葉の服ってどういうことだコレ?そう思ったんですけどこれが普通だよね??

 

当日は都内であったのですが自転車でいっても時間そんな変わらんしということで久々にチャリで東京入り。

もちろん迷子になりました。ビル多すぎてGPSうまく働かねんだよ糞がぁぁぁあぁぁぁ。

 

で、時間ちょうどについて即「応援部隊の写真撮るよー」と言われ集合写真。

訳のわからないまま撮られ、そのまま湯葉制作が始まりました。

 

最終的に20人近く湯葉の服を作りに来てましたね、学生~社会人いろんなタイプの人が。いろんな人からおもしろい話も聞けました。

以前のブログでマンション営業の方と話したと書きましたが、この時に会った人です。

中には新潟から来た強者もいたようで。前日の夕方、しかも金曜日に募集かけて翌日参加ですよ。凄すぎます。

湯葉の服の人も福岡の大学生でこのためにわざわざ来たようですけどね。

いや、このためというのは失礼か、夢だったんだし。

 

完成後にはその格好で写真撮りに行くぞーということで電車で新宿へ。

上半身ほぼ裸ということで寒さで震えまくっていました。そりゃあ寒いよね。

通り過ぎる人はなんだコイツラといったような目で見てくるわで、見た目石油王とよくわからんタンクトップみたいなのを囲んでいる団体みたらそうなるわな。

 

 寒さのあまりその格好のままGUでジャケット買うわ、道路の真ん中でポーズ決めて写真撮るわでようやるわと思いながら見ていましたよ。

 

撮影後にはキッチンスタジオと言えばいいのか服飾会場と言えばいいのかよくわかりませんが戻り、彼の湯葉を剥ぎ取りパリパリになった湯葉を実食。

 

はい気持ち悪くなりました。当然の帰結。

豆乳くさくてゴムっぽいようなビニールのようなもの食ってるわけだし、人の肌に直接張り付いているの食うなんて普通引くもんよね。僕なら引きます。

それでも食ってたら撮影担当の人に『無理しなくていいよ』と言われるし。

そこまで無理はしていなかったんだが。

 

ともあれ無事(?)に終了ってことで。

得たものは少し湯葉嫌いになった気持ちだけでした。

omocoro.jp

 

ということで今回の記事がこれになります。この記事内に2枚ほど写った写真が載りました。

あ、帰り道も迷子になりました。