読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卒業旅行1-九州旅行-に行ってきました

こんにちは、ぽでもです。

 

卒業旅行ということで大学の友人たちと九州の方へ三泊四日ほど行ってきました。九州は鹿児島沖縄は行ったことがあるものの、今回行った北の方の九州は初めてだったので心の中ではおジャ魔女カーニバルが流れっぱなしになるほどドキドキワクワクは年中無休でした。

 

1日目

成田空港から飛行機で福岡空港に向かうためにみんなで最寄駅集合。5:20発の電車を乗らなければならないため正直起きられるかが心配でしたがなんとかなりました。

晩ご飯の中華を書き込んだところ、目覚めてすぐに油を大量摂取すると目が覚めるということを発見した素晴らしい朝になりました。おかげで電車の中では眠気と胃もたれのダブルパンチでグロッキー状態。

 

成田空港について搭乗手続きを済ませ、一息ついているとたまたまインターネットの暴れん坊将軍・ヨッピーさん変顔のスペシャリスト・山口むつおさんがいました。

 

朝からテンションあがりっぱなしの僕。最高の初日を迎えました。ただ友人一同は「だれ??」と頭からはてなしか出ていないなかったのでとりあえず「AV女優と童貞を合コンさせた人変顔が素晴らしい人」とだけ説明しましたがやはりわからないようでした。

 

飛行機に乗り込みいざ空の上の旅へ。一度だけ凄まじい飛行機酔いをしたことがあったので途中で気持ち悪くならないか心配でしたが飛行機酔いに関しては大丈夫でした。飛行機酔いは。

着陸態勢を始まってから目の周りの毛細血管を針で刺すような痛みが走りました。思わず涙が浮かんでしまいました。調べてみると航空性副鼻腔炎<こうくうせいふくびくうえん>というものらしく2,3日は痛みが続くとのことでした。こんな痛みが続いたら堪らないと思い、

f:id:Podemo:20160304221444j:plain

九州来て一つ目の買い物として人類の優しさの結晶・バファリンを購入。一錠飲んで軽く寝たらすぐに治りました。さすが半分は優しさからできているだけあります。

 

福岡空港からは芸能人のサインが大量に飾ってあるラーメン屋でラーメンを食べ、そのままレンタカーで今回2泊する佐賀県のロッジへ。

 

f:id:Podemo:20160304222135j:plain

なんか雪降ってきました。

 

f:id:Podemo:20160304223418j:plain

「めっちゃ降ってきたあああぁあァァァ」

 

空港でた時からくっそ寒いとは思っていたんですけど知らないうちに九州の山じゃなくて東北の山に連れてこられたんでしょうか。九州舐めてました。

 

この日はこのあと近くの温泉である鳴神温泉・ななのゆにいって夜はまわりに誰もいないことをいいことにどんちゃん騒ぎ。

1日目から潰れる人もいれば何故か泣き出すやつがいたこの旅行、心配しかありません。

 

2日目

この日はメインイベントである長崎のハウステンボスへ。雪は降っていないものの相変わらずの寒さ。本来なら寒い日はあったかい部屋でゆっくりしているのが一番だと常々思っていますが今日はそんなこと言えません。

 

f:id:Podemo:20160304225627j:plain

SU、SUGEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!!!!!!

f:id:Podemo:20160304230722j:plain

機関車も動いているうぅぅぅぅぅぅぅ!!!!

 

東北の山の中からヨーロッパに車で数時間で来ることができました。九州って凄いネ!

 

しかし、何個かアトラクションを乗ったもののやはりくっそ寒い。

一番長くいた場所は昼飯のところにあったストーブ前。ストーブという人類の叡智の前にはアトラクションなど霞んでしまいます。

 

午後からもアトラクションに乗って施設内にある野郎5人でバンジージャンプに挑戦。約20メートルとバンジージャンプ界にしてみればおこちゃまかもしれませんがバンジージャンプには変わりありません。

 

「こんくらいの高さなら余裕っしょ~~」

「あれ?低くね?」

などみんな余裕綽々でいましたが他の人がやっているのを見ていると絶叫の雨。いつのまにかヨーロッパの街から外れて近所の墓地で肝試しでもしているのかと勘違いしてしまいました。

 

で、自分達の順番が回ってきて僕は最後の五人目

一人目「(無言だけど超絶ビビってる)」

二人目「(やっぱり無言)」

三人目「(無言だけどすっげーバウンドして技決めてるように見える)」

四人目「うわああああああぁぁぁぁぁぁ!!」

 

前の4人がビビったのかビビっていないのかよくわからないリアクションだったし係員に言われたカウントダウン一発で飛んでたしでそんなに怖くないのかなぁと思っていました。

だけどジャンプ地点に立つとリアルな高さと寒さとで震えが止まらない止まらない。

だけど容赦ない係員からのカウントダウン

 

『3・2・1』

f:id:Podemo:20160305001203g:plain

「うわっほおおおおおおいいいいい」

 

f:id:Podemo:20160305002148g:plain

すみませんめちゃくちゃこわくて完全に戻ってしまいました。

そんな感じでバンジージャンプは終了。当分高いところがトラウマになりそうです。

 

続いて夜まで待ってイルミネーション。知らなかったけど結構有名らしい。

 

f:id:Podemo:20160305003943j:plain

ひかってるひかってる!

 

f:id:Podemo:20160305004136j:plain

「いえ~~い!」

 

f:id:Podemo:20160305004140j:plain

「「いえ~~い!!」」

 

おじいさんの磨き抜かれた頭よりもひかってました。これじゃ有名になるのも頷ける照り具合。グレアどーこー言うべき相手ではありません。

 

こうしてハウステンボスは終了。

 

次に稲佐山に寄って世界新三大夜景である長崎の夜景を見下ろしに。

f:id:Podemo:20160305005511j:plain

めっちょキレイ

 

写真だとわかりにくいかもしれませんが肉眼だとまじでぱない。世界が日本という極東の小さい国のさらに端っこにある長崎の夜景を選んだだけあります。

 

帰り際には近くの稲佐山温泉・ふくの湯にて夜景を眺めながら入浴。最高すぎる。

f:id:Podemo:20160305010357j:plain

※拾った画像ですけどまじでこんな感じでした。

 

そんなこんなで2日目終了。

 

3日目

 朝一朝市にいってきました。行ったのは呼子の朝市でなんと日本三大朝市らしい。

三大というだけあって新鮮な海鮮を堪能できると期待に胸を膨らませながらの移動。待ってろかいせんどーーん!!

 

f:id:Podemo:20160305011310j:plain

閑散としてました。

 

出店なんて干物売ってるばっちゃしかいないしよぉ。食べたいのは七輪で焼いたりした魚介とか新鮮な海鮮なんですよぉぉぉぉぉぉぉぉ。

これほど名前負けした三大〇〇あっていいのかよぉぉぉぉ!!こんなんで三大〇〇を名乗るなんてカップルばかりの公園の中を一人で歩くような恥辱以外ありえません。

 

やっとの思いで見つけたものがこちら

f:id:Podemo:20160305012236j:plain

あらかぶ(カサゴ)の味噌汁

 

以上。

 

 

再度ロッジに戻り二日泊まったこの場所にも別れを告げ、次に吉野ケ里遺跡へ。社会科の教科書にも載っている有名な場所です。

f:id:Podemo:20160305014533j:plain

 

弥生人になったり無駄に絡んでくるおじいさんたちを振り切ったり「高床式倉庫!!」と謎の一発ギャグをかましたりして

f:id:Podemo:20160305015451g:plain

アスレチックで遊んでました。

 

古代遺産のための施設なのにめっちゃアスレチックあるのね。ゲートボールしているおじさん方もたくさんいたし。

 

吉野ケ里遺跡を楽しんだあとは別府に移動して最後の宿泊地へ。

ビックリするくらいでかいホテルでした。同じ階なのに端から端まで歩くと5分くらいかかり、ホテルじゃなくて駅なのではと錯覚してしまうほど並ぶお土産屋。これもうわかんねぇな。

 

こっちの温泉もすごくて

f:id:Podemo:20160305020900j:plain

これ全部露天風呂だよ、デカすぎる。しかもこっから眺める夜景がきれいで・・・。

さすがは別府といったところ。

 

夜ご飯は美味しいバイキングに堪能。中学時代に限界超えて食いすぎたせいで全く動けなくなったことがあったので余裕をもって食べるものの、友人たちは案の定食いすぎて全く動けなくなる。わい、高みの見物。

 

食後は2回目の入浴で3日目はおしまい。

 

4日目

 本日一箇所目は血の池地獄へいって参りました。名前だけだとただのヤバイところ。

血の池地獄は日本で一番古い天然の地獄で、一言で言うなら「赤い熱泥の池」です。
地下の高温、高圧下で自然に化学反応を起こし生じた酸化鉄、酸化マグネシウム等を含んだ赤い熱泥が地層から噴出、堆積するため池一面が赤く染まります。

なんだただの化学反応の結果かよ。だいたい予想できていたわ。

んでこちらが見てきた血のなんちゃら。

f:id:Podemo:20160305023844j:plain

全く赤くない。是非もないネ!

 

明らかに湯気だったなっちゃんオレンジ。これが赤というなら世の中のオレンジジュースとトマトジュースがごっちゃになってしまいます。元々こういうもんなのかと思ったら

f:id:Podemo:20160305024031j:plain

※左:もらったポストカード 右:見てきた血の池地獄

 

明らかに違うじゃねぇか!!

フォトショかフォトショォ??

 

まじでやられましたよ、これは。こんな色じゃゆっくり浸かってしまうぞオラ!

期待を裏切られ悲しい観光になってしまいました。

 

続いて大分といえば温泉の他には唐揚げ、ということで唐揚げ行脚へ。とりあえずは検索して上のほうに出てきたところに突撃。しかし、予想とは反してイートインスペースがなく、テイクアウトのみ。どうするべきかグヌヌ…。

 

何件か回って見たけどどこもテイクアウトのみなので仕方がなく車の中でイートイン。

だけどやっぱりうまかった。唐揚げをおかずに唐揚げを食べて生きていきたい。

 

さて食うもん食ったし、最後は再び温泉。今度は日帰りのものでひょうたん温泉ってところに突撃。

 

瀧湯ってのが有名でやったけど裸の野郎が一列に並んで落ちてくるお湯に打たれるなんてシュール以外何者でもなかった。

f:id:Podemo:20160305023120j:plain

だけどこれが肩によく効く。まじで軽くなりました。

 

上がったら温泉のたまごが売っていたので買おうとしたのですが

f:id:Podemo:20160305024614j:plain

温泉たまごじゃないことに注意していただきたい。買った友人のを見たらただの茹でたまごでした。

 

温泉から出て最後は大分空港から成田空港へ。帰りは運良く着陸時の気圧変化で頭が痛くなる程度で済みました。

帰宅後はそのままベッドにダイブでした。

 

 

いやはや三泊四日の旅行でしたがあっという間に終わってしまいました。

素晴らしい旅行をありがとう、そしてありがとう!!