読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近の日常

どうも、こんにちはぽでもです。

最近の楽しみが笑点フルハウスというバブル崩壊頃のテレビ番組で、ヤギもびっくりするほど目を細めながら画面を凝視して日々を過ごしております。あまりにもぼーっとしながら見ているもんでいつの間にか家の周りに濠ができていても気づかないでしょう。

 さて社会人になって二ヶ月ちょい。仕事の方もある程度慣れてきて書物を読むだけからGoogle Mapsで街中を探索するまでにスキルアップすることができました。このままだとYahoo知恵袋に回答するのが仕事になることでしょう。職場の状況やら同期のことについてなんとなくわかってきたり、仕事上での飲み会やらもやるようになってきました。そんな中、ピュアの権化と謳われる僕が言われたことがコチラ。

・「彼女いるわけないと思っていたからいるかどうか聞かなかった」

・「なんでいつも変顔しているの?」

・「なんかさぁ、掴めないね」

・「あはは、君ちょろいね」

と困ったことに大活躍する『いい意味で~』の枕詞がどう頑張っても使えない発言ばかり。「いい意味で君ちょろいね!」なんて言われた暁には一周回ってスガシカオのような爽やかさで「Year!!」と返事してしまうでしょう。ただ、やはりこの中で一番心に刺さったのは「いつも変顔しているね」とのありがたいお言葉。ナマケモノが「俺は素早いぜ」と思うわけ無いように自分のことをイケメンと思ったことはありません。「イケメンではない」と自覚し、まだ指先一つ絶望のるつぼへと繋がる崖に引っかかてしがみついている状態の僕に、「いつも変顔している」とニヤニヤされながら指先に油をタラーっと垂らされた時の気分は一つ、落ちていく以外ありませんでした。そのため僕は絶望のるつぼでグラグラと揺られる日々が続いていました。

これからの仕事が忙しそうな状況を察知し、「マッチョになる」と揺るぎない覚悟を決め、鳥の鳴き声がやたらうまい近所で遊んでいる小学生をBGMとし、引き続きフルハウスを見たいと思います。