読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気持ちの変化点

どうも、こんちは

 

突然ですが、『人の気持ち』について思うことがあります。それは気持ちの変化点です。昔はあれが好きだったが今はそれほど・・・、今はこのように考えるがこれからその考えが変わるのだろうか、と。

 

昔あれほど好きだったアニメやゲームなんかもいつの間にかほとんど触れなくなっていしまいました。

あれほど何かをやってみたいという感覚がなくなってしまいました。以前は氷風呂入ったり雪山で海パン一丁になったりとやっていたのに・・・。やりたいけどタイミングがなかったり周囲に環境がないのも一つの要因としてあるのですが、やはりやる気が起きなくなったがでかいです。

 

これら気持ちの変化点、いつやってくるのか。ただの飽きとは違う気持ちの変化点。Where?????

 

さて少し余談をはさみます。

 

自分なんて30,40歳まで生きていれば良いと思っています。人間なんて元々はそのくらいまでしか生きていないんだし、70,80歳まで病院通い・補助金や年金をもらってまで生きていきたいなんて思いません。

動ける時に楽しく満喫する、そんな生き方だっていいじゃないですか。充電切れたらあとは賞味期限が切れて腐りかけている生ものの容量でゴミ箱にスローイング。人生太く短く!!あれ、このままだと細く短くだぞ。。。

 

先祖代々受け継いできた土地だからその土地を守っていくなんて考え方もわかりません。以前書いたように、ぼくんちが生まれる直前までラブホだったからでしょうか。

 

podemo.hatenablog.jp

 

ってなことを上司とお話していました。上司も上司で昔は同じように思っていたと。ただ家庭ができたらそんな風には思わなくなったと。子供の成長を見るのが楽しいのでずっと見ていきたいと。

上司にとって気持ちの変化点、それは『家庭』

 

 

いまの僕にはたどり着けない領域だぁぁぁぁ!!!!

 

はい、この論点に至っても無理難題が出てきました。なんなん?これなんなん??時代は僕たちに厳しくない????僕が何か悪いことでもしたのかな。誰かぼくの過去を改変させたのかな、それはそれで世界一無意味なバックトゥーザフューチャー。もっとマシに生きろよデロリアン

 

・・・・・・。

 

ぼくに愛をください。